« 水田魚道は楽しい | トップページ | 水田魚道は楽しい その3 »

2011/07/08

水田魚道は楽しい その2

魚道設置から4日目の朝、流量がそこそこあるコルゲート菅魚道には、10cm大のフナが遡上していた。(電池切れで写真はなし)

他にもドジョウ13匹、タモロコ7匹と、連日たくさんの魚達が田んぼへ入ろうとしている。

この田んぼはいわゆる合鴨農法(実際に入れているのはアヒル)で稲を育てていて、田んぼの2cm角の網で周囲を囲っている。

このため大きな魚は網を抜けられず田んぼの周辺部にしか入ることが出来ない。

三塚さんから「江(ヒヨセ)を設置して魚の住処をつくるといいのでは」とアドバイスしていただいているので、来年は、魚道から遡上した魚の生息場所を確保しよう思っている。

■せら高原のこだわり米(←クリック)

せら高原の豊かな自然を未来へととつなぐお米です。

■みつぎ健康米のご案内(クリック)

 環境農業研究会の会員が自信をもってお奨めする「みつぎ健康米」。除草剤1回、化学肥料本田不使用(育苗土のみ使用)のお米と、農薬・化学肥料を使用しないお米(アイガモ米)の紹介です。新米のお申し込みも受付中です。

■源五郎米のご案内(←クリック)

 ゲンゴロウなど生き物との共生に取り組む源五郎米研究会のお米です。新米のお申し込み受付中です。

■田んぼの学校支援センターはこちら↓

田んぼの学校

|

« 水田魚道は楽しい | トップページ | 水田魚道は楽しい その3 »

環境支払い」カテゴリの記事

環境保全型農業直接支援対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水田魚道は楽しい その2:

« 水田魚道は楽しい | トップページ | 水田魚道は楽しい その3 »